画像:うえだ皮ふ科ロゴ画像

皮膚のトラブル

粉瘤
(アテローマ)

粉瘤とは

粉瘤とはドーム状に盛り上がった数mmから数cm大の良性の腫瘍です。
表面の皮膚とは一部がつながって袋状になっています。
粉瘤の中には角質が垢となって貯留しています。
感染を合併した場合には赤く腫れて強く痛み、膿みがでてくる場合もあります。
放置しておいても悪性となることはないですが、徐々に大きくなったり感染を合併したりすることがあります。

当院での治療

切除ご希望の方は当院にて切除手術が可能です。ホームページあるいはLINEにて「粉瘤・ホクロなどの切除縫合手術」からご予約ください。
ただし、感染を合併して腫れてしまっている場合は袋ごと切除する手術はできないので、その場合は抗生剤内服の保存的治療、あるいは切開して膿みと内容物のみを洗い流す処置となります。

尋常性疣贅
(ウイルス性のイボ)

尋常性疣贅とは

ヒト乳頭腫ウイルスというウイルスが皮膚の小さな傷から入り込んで、その場所にざらざらとした皮膚病変を作ります。手足や指にできることが多いです。
こどもから大人まで頻度の高い疾患です。
自分自身の免疫により自然に治ることもありますが、逆に放置して数が増えることも多いです。

当院での治療

当院では液体窒素凍結療法、モノクロル酢酸塗布、ヨクイニン内服などの治療法を単独あるいは組みあわせて治療していきます。
ホームページあるいはLINEにて「一般診察」からご予約ください。

予約専用